top of page

Photo Albumを更新しました

Photo Album

Madame The Elegance


Rです。

お久しぶりの投稿になってしまいました。

気付けばあっという間に時が経ち、独立開業1周年も過ぎ去り、今年が終わろうとしています。


振り返ってみると、2023年は新たな目標を探す1年だったのかもしれない。


2020年にコロナが日本で発生し、経済活動が機能停止。例に漏れず私も生活を変えざるを得なくなったが、それをキッカケに一念発起。

昔からの夢だった「独立」を目指して動き出した。


2022年9月、念願叶い独立。

これまでのルールに縛られることのない、自由な生き方を実現して、順風満帆。


…かと思いきや、一方では「今後どうしよう?」という新たな問いに目を向けなければならなかった。


独立はゴールではない。スタートなのだ。

(こんな当たり前のことなのに、なってみないと実感できないものなのよね。)


今年(2023年)の9月1日。

独立1周年の記念日。


本当はこの日、ド派手にパーティーでもしようか?と妄想だけはしたものの、辞めていた。

まだこの時点で「私はどこへ向かっているんだろう?」と悩んでいたからだ。

周年を祝う心構えとして、もう少し、未来を提示できる自分でいたかったのだ。


そういう理由で1周年はサラッと流し(祝ってくれた人もいたね、どうもありがとう)、静かに思索に耽っていた。

お陰で最近少し、具体的な未来の指標ができたよ。

今はまだ語ることはしないけど。

もう少しその夢が近付いたら、みんなにも聞いてほしいな。


私はまだまだこのSMという世界の中で遊びたい。やりたいこともいっぱいある。身体一個じゃ足りないくらい。


これを読んでくれているあなたにもあるよね、夢や野望、人に言えない妄想や欲望。

私もよ。同じ。


そして、私の夢を叶えてあげれるのは、私自身だけなのだ。

だから、私は私を甘やかす。

好きなことをして生きていくわ。


願わくばこれを読んでいるあなたも夢に向かっていますように。


.

.

さて、前置きが長くなってしまいました。


未来の野望実現へ向けた第一歩。

私自身の妄想世界を写真に収めてきたわ。

それに伴いサイト内の写真も少し差し替えました。


私の珠玉の作品たち…あなたにどんな妄想の花を咲かせるかしら?


美しい邸宅で奴隷を側に置き暮らす女主人。

主人好みの装いに身を包み、主人からの誘いを大人しく待つ可愛い奴隷たち。


「今日はどの子で遊ぼうかしら」

「何をして遊ぼうかしら」


…奴隷を側に置く暮らしは、なんて穏やかで静かで、愉快なんだろう。


そうだ、この週末はお友達を呼びましょう。

美味しい紅茶とお菓子を、奴隷たちに配膳させましょう。

私のコレクションを自慢するの。


「ねぇ、よかったらこの子で遊ばない?」



最新記事

すべて表示
bottom of page